サトウキビのスーパーパワー

追加した日 4 16, 2018

サトウキビは緑色の葉をつける背の高い植物で、主に砂糖の原料になります。
エジプトにおけるサトウキビの歴史は、アラブ人から栽培方法が伝えられた西暦641年に始まりました。中世のイスラム世界でも、インドから伝わった技術を基に新しい製造方法が開発され、西暦710年にはエジプトで製糖業が確立されました。
現在エジプトには、サトウキビ製品を製造する工場や精製所がいくつかあります。サトウキビは砂糖の主原料にして糖蜜の唯一の原料であり、合板業や製紙業でも原材料として使用されています。
工場の大半は、作物畑が広がる上エジプトの行政区域にあります。
エジプトではサトウキビをアラビア語の発音である「アサブ」と呼びます。甘く、特に暑い夏の日にのどの渇きをいやしてしてくれるアサブは、エジプトの人々に愛されています。
サトウキビのジューススタンドは簡単に見つかり、その多くはなぜか年中無休の24時間営業です。手軽にしぼりたてのジュースを飲むことができます。
ジュースの値段はコップ1杯で2~10ポンドです。この国民的な飲み物には健康にも多くの良い効果があるので、コシャリやファラフェルなどの食事の後に飲むといいでしょう。
サトウキビジュースはエジプトの子どもたちにも人気があり、小さなプラスチックのカップで飲んでいる姿をよく見かけます。
エジプトでは、サトウキビジュースにさまざまな健康効果があると考えられており、安価なエネルギー源として奨励されています。
確かに、サトウキビジュースには健康に良い効果がたくさんあります。高血圧を制御し、うつや不安を抑える「幸せホルモン」セロトニンの分泌を促すことが証明されています。
また、サトウキビには消化を助けるカリウムが含まれ、感染症への抵抗力や免疫機能を高める天然の抗酸化物質も豊富に含まれています。腎臓結石の予防に役立つという研究結果も出ています。
サトウキビはのどの炎症を抑え、虫歯を予防して肝機能をサポートします。
さあ、サトウキビジュースはいかがですか?