文明の発祥地の縮図

古代文明の進化を通じて描かれている歴史の産物によって、エジプト有数の観光地が生み出されました。現在、約400万人が暮らすエル・ミニヤーは、カイロから約230km離れたナイル川沿いの都市であり、多くの面で地理的にも歴史的にもエジプトの中心地となっています。実のところ、約はエジプトの首都でした。イクナートン(アメンホテプ4世)と美しき女王ネフェルティティが、「Markez of Malawi」として知られる信仰の中心地、アマルナの村を住処としていたときのことです。他にも10か所以上の墓地遺跡や博物館があり、現在まで保存された原初の彫像、記念碑、絵画を見ることができます。

ファラオの時代、ローマ時代、さらにはアッバース朝時代まで重要な地として機能したミニヤー…

古代文明の進化を通じて描かれている歴史の産物によって、エジプト有数の観光地が生み出されました。現在、約400万人が暮らすエル・ミニヤーは、カイロから約230km離れたナイル川沿いの都市であり、多くの面で地理的にも歴史的にもエジプトの中心地となっています。実のところ、約はエジプトの首都でした。イクナートン(アメンホテプ4世)と美しき女王ネフェルティティが、「Markez of Malawi」として知られる信仰の中心地、アマルナの村を住処としていたときのことです。他にも10か所以上の墓地遺跡や博物館があり、現在まで保存された原初の彫像、記念碑、絵画を見ることができます。

ファラオの時代、ローマ時代、さらにはアッバース朝時代まで重要な地として機能したミニヤーは、訪問者に多くの驚きを与えることでしょう。古代建築、れっきとした古代ギリシャの集会場、初期のキリスト教徒のバジリカ、ラムセス2世によって建造された寺院の遺跡、聖母マリアの教会、荘厳な修道院、1930年代に建てられた宮殿まで、多くの見どころがあります。

そして、嬉しいことは続くもので、2000年以上前の墓群がミニヤーで新たに発掘されています。考古学者らは巨大都市に属するものと考えており、古代エジプト人の生活の謎を紐解く鍵になりそうです。

幸いなことに、ミニヤーには世界屈指のホテルとリゾートが至るところにあるため、ハイキングやトレッキング、ツアーなどがさらに楽しいものとなり、至福のリラクゼーションを堪能して、数々の冒険と興奮を余すところなく味わえるでしょう。

文明の発祥地の縮図、それがミニヤーです。

 http://www.minia.gov.eg/default.aspx

文明の発祥地の縮図


平均的な気候
°C | °F
(12月~2月) (3月~5月) (6月~8月) (9月~11月)
17°C 62.6°F 28°C 82.4°F 36°C 96.8°F 29°C 84.2°F