観光資源

シワ・オアシス保護区

エジプト北西部、リビア国境とカッターラ低地の中間に位置するシワ・オアシスは多様な動植物と独特の文化に恵まれ、保護区に指定されています。周辺には多くの湖や泉がありますが、いずれも塩分濃度が高いため農業には向いておらず、デーツやオリーブといった一部の作物しか栽培されていません。その一方でこの地に住む野生動物は実に多様で、リムガゼル(Gazella leptoceros)やフェネックギツネ(Vulpes zerda)、さらには絶滅危惧種に指定されているチーター(Acinonyx jubatus)もまだ生息するものと見られ、鳥類ではコキジバト(Streptopelia turtur)をよく目にします。
シワを訪れたら、自然観察の時間を取ってください。オアシスに精通したベドウィン族のガイドなら、きっと素晴らしい体験を用意してくれることでしょう。シワ・オアシスの美しい自然を後世に残すため、観光の際には環境保全にご協力ください。

10 $

1 時間

9 午前 - 5 午後

シワ・オアシス保護区